グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  学園生活  >  非常対処等 >  学校感染症による出席停止について


非常対処等

学校感染症による出席停止について

インフルエンザ等の学校感染症への対処についてご案内しています。

生徒がインフルエンザなどの感染症にかかったのではないかという恐れがある場合は、次のようにご対処下さい。


1.病院等の医療機関で診察を受けさせてください


すぐに病院等の医療機関で診察を受けさせてください。主治医より「学校感染症(下記参照)で、他の生徒に感染するおそれがあるので、しばらく学校を休んだ方が良い」と診断された場合、まずはその旨を学園にご連絡ください。学校保健安全法第19条の規定により、ご連絡をいただいた日から出席停止の扱いになります(欠席としては扱われません)。


2.出席停止の通知をお受け取りください


保護者に「学校感染症による出席停止について」という通知をお渡ししますので、ご来校ください。ご来校できない場合は、次のいずれかの方法をお選びいただき、その旨をご連絡ください。
 
A 姉妹が在学しているので、姉妹経由で受け取る
B ファックスで受け取る
C このページから書式をダウンロードする
 
ただし、「C」の場合は、プリンタでA4の白紙に印刷し、学年・組・氏名をご記入いただき、該当する感染症に丸印をお付けいただく必要があります。


3.主治医の許可が出るまで登校を控えさせてください


出席停止中はご家庭で治療に専念させてください。治癒して主治医から登校の許可が出ましたら、「学校感染症による出席停止について」の通知の下部にあります「登校許可証明書」を主治医に記入していただいてください。それを持参して登校させていただき、担任に提出させてください。

 

【参考】学校において予防すべき感染症の種類(学校保健安全法施行規則第18条)


第1種エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウィルスであるものに限る)及び鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウィルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る)
第2種インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核
第3種
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎及びその他の感染症


「学校感染症による出席停止について」書式のダウンロード


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

Get AdobeReader®