グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  学園生活  >  非常対処等 >  台風接近による「暴風警報」発令時の対処基準について


非常対処等

台風接近による「暴風警報」発令時の対処基準について

本学園の「暴風警報」発令時の対処基準についてご紹介します。

【このページの目次】


台風接近にともない、「暴風警報」が発令された場合、次のように対処することとします。なお、その他の警報や注意報が発令中であっても、自宅待機や休校等の対処の基準とはなりませんので、ご注意ください。


登校前


ご家庭でテレビ、ラジオ、インターネット等から情報を把握し、その内容によって、次のように対処してください。


情報内容対処方法
暴風警報発令中自宅で待機させてください。
午前10時までに暴風警報解除
解除された時点で安全を確認して登校させてください。
午前10時時点で浜松南部に
暴風警報が引き続き発令中
休校となります。
午前10時時点で在住地域に
暴風警報発令中
出席停止扱いとなります。


※ テレビ、ラジオ、インターネット等の情報での「警報」と「注意報」の区別にご注意ください。
※ 土曜日の場合は、上記内容の「午前10時」を「午前9時」に読みかえてください。




在校中


学園で防災担当者がテレビ,ラジオ,インターネット等で情報を収集し、その内容によって、次のように対処いたします。


情報内容対処方法
浜松南部に暴風警報の発令台風情報を確認し、学校で待機。
原則的には暴風警報が解除された後、下校させます。
浜松南部以外の生徒在住地域に
暴風警報が発令
安全を確認して当該生徒を下校させます。


※ 保護者の自家用車による出迎えはせず、公共の交通機関を利用して下校するものとします。
※ 公共の交通機関が運休した場合は、そのときの状況に応じて、学園待機等の措置をとります。
※ 暴風警報が発令されていなくても、台風にともなう危険が予想される場合には、状況に応じて必要な措置をとります。