グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  学園だより  > 3年オーストラリア研修旅行報告


学園だより

3年オーストラリア研修旅行報告

中学3年は11月19日~26日までオーストラリア研修旅行に行ってきました。この研修のために、英語や英会話の授業に取り組み、英検取得を目指しました。また、中学2年の時に掲示コンクールに取り組み、オーストラリアの文化や動植物、産業など、理解を深めてきました。

オーストラリア初日はシドニー中心地から北西部にある、ブルーマウンテン、ルーラの観光に行きました。ブルーマウンテンの雄大な景観に歓声をあげ、ルーラではグループ行動をして昼食を食べたり、買い物を楽しんだりしました。


シーニックワールド
シーニックワールド

スリーシスターズ
スリーシスターズ


菊組 動物園で動物と自然のかかわり学習

菊組 動物園で動物と自然のかかわり学習


2日目はテーマ別研修に出かけました。菊組は自然動物保護をテーマにタロンガ動物園を見学。藤組は農場を訪問し、動物の扱い方学習しました。月組は果樹園を訪問し、自分たちが収穫したオレンジを試食しました。雪組はライフセービングの様子を見学したり、ビーチアクティビティを楽しみました。星組は先住民文化学習としてアボリジニカルチャーセンターに行きました。


藤組 農場体験
藤組 農場体験

星組 先住民文化の学習
星組 先住民文化の学習


雪組 ライフセーバー体験
雪組 ライフセーバー体験

月組 果樹園でオレンジ収穫
月組 果樹園でオレンジ収穫


テーマ別研修の後は、いよいよホームステイ先の家族と対面し、オーストラリアの家族の一員となり週末を過ごしました。月曜の朝、ホストファミリーと別れを惜しんで涙する生徒も見られました。

その後、シドニーフェリーでマンリーからサーキュラーキーに向かいここからグループに分かれてシドニー市内を研修しました。ここでは事前に自分たちが考えたコースを地図を見ながら回りました。集合時間に遅れるグループも一つもなく、今年初めての取り組みでしたが大成功でした。


ホストファミリーとの対面
ホストファミリーとの対面

シドニー市内でのグループ研修
シドニー市内でのグループ研修


オーストラリア最終日はトブラック牧場とフェザーデール動物園を訪問し、たくさんの動物を見ることができました。

中学校生活で楽しみにしていた生徒も多いこのオーストラリア研修ですが、異なる文化や自然に触れる、集団として行動し、規律ある行動様式を身に付ける、ホームステイなどを通して、英語による会話力を養う、国際的に通用するマナーや教養を身に付けるといった目的を達成することができました。クラスやグループ、ペアの友人と協力した思い出を胸に刻み、今後の生活に生かしていってくれるものと思います。


トブラック牧場
トブラック牧場

フェザーデール動物園
フェザーデール動物園


生徒の感想から


スリーシスターズの話も面白かったし、景色も最高でした。真下が森という感覚がすごく面白かった。あの景色は写真には収めきれない程の迫力があって、ものすごい年月を経て生み出されたものだと思うと、自然のすばらしさを改めて感じさせられました。(雪組Wさん) 

初めて行く国、初めてするホームステイで日本を離れるときは不安があったが、オーストラリアの人たちは本当に優しくて、すぐにそんな不安もなくなった。ホームステイではそんなに上手く話ができたわけではなかったけど、自分の考えが伝わったときがたくさんあって嬉しかった。(星組 Iさん) 

乗り物嫌いの私にとって、飛行機に長時間乗ることは苦痛以外の何者でもなかった。しかしそれを吹き飛ばしてくれたのはシドニーの町並みだ。木が多く、自然豊かな景色が私の心を癒してくれた。それからは、坂の多い町に苦労しながらも楽しい生活を送ることができた。
 ホームステイも最初は本当に心配だった。しかし受け入れ先の家族のおかげで思い出深いものとなった。私たちがただ時間を守っただけなのに “You are intelligent.”と言われて、びっくりしたし、うれしかった。(月組 Iさん) 

動物園では初めてコアラを見ましたがとってもかわいくてびっくりしました。他にもハチュウ類なんてさわったことがなかったのでいい経験になりました。いろいろ大変だったけど食文化を知ったり、ほかの家の生活をしてみたりといい思い出になりました。(菊組 Oさん)

行く直前までは「オーストラリアなんて行きたくないなぁ」と思っていたけど、今、振り返るとあっという間だったと思います。一番不安だったホームステイもペアの子と問題なく過ごすことができました。外国で、自分たちだけで地図を見て目的地までたどり着いたり、外国のお金を自分で計算して払ったりするのは滅多に無い機会だったと思います。直接外国の人と話したり、外国の文化に触れたりして、とてもよい思い出になったと思います。(藤組 Oさん)