グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  学園だより  > 本学園の天体望遠鏡で撮影した天体写真が静岡県地学会サイトに多数掲載されました


学園だより

本学園の天体望遠鏡で撮影した天体写真が静岡県地学会サイトに多数掲載されました

天体望遠鏡

本学園南館屋上に設置されている天体望遠鏡で撮影した天体写真が静岡県地学会サイト「しずおかちがく」で多数紹介されています。
 
本学園の南館屋上には、2004年度卒業生の卒業記念品として送られた天体望遠鏡が設置されています。口径13cm・焦点距離1000mmおよび口径10cm・焦点距離640mmの2本の屈折鏡筒をもち、コンピュータ制御により天体を自動導入することが出来ます。140万画素のモノクロ冷却CCDカメラにより、鮮明な天体撮影が可能です。天文地学部の生徒を中心に、11月~1月にかけての夕方や合宿等で、観望に使われています。

この望遠鏡は高性能なため、鑑賞用の天体写真撮影が可能です。天文地学部顧問の今村が撮影した天体写真がかなりの数になりましたので、このたび静岡県地学会のGEOデータとして登録され、「しずおかちがく」で紹介されることになりました。天文地学部の生徒が撮影を手伝ったものもあります。ぜひご覧下さい。


天文地学部

天文地学部のメンバー

静岡県地学会サイト「しずおかちがく」ジオファイル(星雲)
http://www.shizuoka-chigaku.org/nebula.html

【GEOデータとは】
静岡県に関連のある地学関係の各種データを集めたものです。