グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  学園だより  > 中学2年、富士山林間学校実施


学園だより

中学2年、富士山林間学校実施

山の村での食事風景

8月4日から6日まで、二泊三日の行程で「中学2年富士山林間学校」が行われました。宿泊地は、富士宮市にある「静岡県立富士山麓山の村」、そして、この3日間のメインはなんといっても「富士登山」です。

今年の登山では、「登頂隊」「八合目隊」の希望制をとり、8月5日午前3時に起床して山の村を出発。登頂隊は午前5時から、八合目隊は6時から、それぞれの目標目指して登り始めました。この日の富士山は晴天。そろいのオレンジヤッケに身を包んだ西遠の生徒たちが登っていく姿は、六号目の小屋からもはっきり見えました。体調不良による若干の離脱者は出ましたが、ほとんどの生徒が自分の目標地点に到達! 登頂隊では80名余の生徒が12時に3776mの山頂に到達し、校長先生とともに日本一の山に立つ達成感を味わいました。登頂隊の下山は予定の時間を超え、午後6時半を過ぎましたが、先に山の村に帰った八合目隊のメンバーが夕食の配膳を済ませて待っていてくれ、8時近くに宿舎に帰った登頂隊の面々を感激させました。


登山のようす

登山おようす(遠景)


フェルトづくり

6日は、山の村の各施設をきれいにお掃除して出発。「まかいの牧場」にて、バードコールやフェルト・ポストカード作りをクラスごとに体験しました。ちょっとだけ雨に降られましたが、動物たちとのふれあいのひとときを味わうこともできました。

帰りのバスの中では「林間学校の感想発表」が行われ、笑いあり涙ありの3日間を感慨深く振り返った生徒たち。登山の苦しさと達成感、友達の励ましに支えられたことへの感謝、クラス団結の感動など、一人ひとりの胸に大きな財産を残して2泊3日の林間学校が終わりました。