グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  学園だより  > 新聞記者に聞く!


学園だより

新聞記者に聞く!

中学1年生に、静岡新聞社浜松総局の局次長鈴木理久さんが、取材の極意を伝授!
4月17日(土)総合的学習「女性学」の一環として、「新聞記者に聞く」という授業が行われました。
1年生は鈴木さんからインタビューの仕方やまとめ方などを教わりました。1年生には4月中に「平和の作文」を書く課題が出されています。与えられた課題は「身近な人の戦争体験を取材し、そこからわかったことや考えたことをまとめよう」というもの。では、取材に行くために必要な心構えは?どう質問すればいいの?などなど、1年生には分からないことがいっぱい。そんな1年生の不安を消し去ってくれる鈴木さんのお話に、1年生はみんな熱心にメモをとっていました。たとえば、「取材に行くとき、挨拶や身だしなみはとても大切」「メモをとるときにはつめて書かないで、余白にあとで書き込めるように余裕を持ってメモをとる」など、なるほど!と思う事柄をいっぱい教わることができました。これでもう、取材も作文もバッチリ!
鈴木さん、ためになるお話をありがとうございました。


静岡新聞社の鈴木局次長さん
静岡新聞社の鈴木局次長さん

メモをとりながら真剣に聞き入る1年生たち
メモをとりながら真剣に聞き入る1年生たち