グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  学園だより  > 5年生が救急処置法講習でAEDを体験


学園だより

5年生が救急処置法講習でAEDを体験

AED実習に真剣に取り組む生徒

5年生(高校2年生)は、11月13日(土曜日)3・4時間目に浜松東消防署の消防士さんをお招きし、救急処置法講習(AED、心臓マッサージ)を行いました。

ビデオを見た後、制服姿の消防士さんが、「火災があったらここから出動です。」とおっしゃると、講習の大切さに改めて緊張。各クラスで模型を囲み、実習が始まりました。

以前に講習を受けた生徒や先生のアドバイスを受けながら、「見て、聞いて、感じて」「私よし、あなたよし、まわりよし」と声出し確認、講習が進みました。

人工呼吸は少し照れくさそうでしたが、二人一組で真剣に取り組んでいました。