グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  ニュース&トピックス  > 母親学級で音楽家の青島広志先生をお招きしました


ニュース&トピックス

母親学級で音楽家の青島広志先生をお招きしました

2月15日(水曜日)10時~11時30分、講堂に音楽家の青島広志をお招きして”オペラ412年の歩み”を聴きました。テノール歌手の小野勉氏を同道くださり、楽しくわかりやすいお話の後で、オペラのアリアを聴き、青島先生の説明を体感するという、ぜいたくなメニューでした。











最後は「となりのトトロ」を振り付きで。客席も一緒に大合唱。
母親学級生48名だけでなく、広く、保護者や同窓生にご案内した結果、170名ほどのご参加を得て、盛会のうちに講演会を終えました。
”楽しかった””子どもたちにも聞かせたい!”と興奮さめやらぬ面持ちでみなさんは散会されました。
当日のプログラムは以下のとおりです。
1
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)
歌劇「フィガロの結婚」(1786)より 序曲
2
ヤコボ・ペリ(1561-1633)
歌劇「エウリディーチェ」(1600)より 喜び持て、わが歌
3
ゲオルグ・フリードリッヒ・ヘンデル(1685-1759)
歌劇「セルセ」(1738)より  オンブラ・マイ・フ(慕わしい木陰よ)
4
アレッサンドロ・スカルラッティ(1660-1725)
歌劇「愛の誠」(1680)より  陽はすでにガンジス川から
5
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」(1787)より  私の恋人を慰めて
6
ジョアッキーノ・ロッシーニ(1792-1868)
歌劇「セヴィリャの理髪師」(1816)より  暁の光がさして
7
ガエターノ・ドニゼッティ(1797-1848)
歌劇「連隊の娘」(1840)より  友よ、何と楽しい日
休憩
8
ヴィンチェンツィオ・ベッリーニ(1801-1835)
歌劇「清教徒」(1835)より  いとしい乙女よ、あなたに愛を
9
ジュゼッペ・ヴェルディ(1813-1901)
歌劇「リゴレット」(1851)より  女心の歌
10
ピエトロ・マスカーニ(1863-1945)
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」(1890)より  間奏曲
11
ジャコモ・プッチーニ(1858-1924)
歌劇「トゥーランドット」(1926)  誰も寝てはならぬ
12
フランツ・レハール(1870-1948)
オペレッタ「メリー・ウィドウ」(1905)より  唇は黙っていても(ワルツ)
13
シグムント・ロンバーグ(1887-1951)
オペレッタ「学生王子」(1924)より  セレナーデ



午後、母親学級生は3月の中学生音楽コンクールに出演するためのコーラスの練習を予定していたのですが、小野勉氏が飛び入りでご指導くださることになり、
ノリノリで練習をしました。特別大サービスに深謝します。