グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  ピックアップ  > 平成26年度東海ブロック中学生バレーボール新人大会初優勝


ピックアップ

平成26年度東海ブロック中学生バレーボール新人大会初優勝

笑顔の全力バレー

321日(土)・22日(日)に湖西中学校・三ヶ日中学校で平成26年度東海ブロック中学生バレーボール新人大会が開催されました。東海4県から各県代表4校が集結し16チームで、熱戦が繰り広げられました。


本校も、静岡県第3代表として大会に臨みました。1日目は、4校リーグの総当り戦で上位2チームが2日目の上位トーナメントに進出します。初戦は、三重県第2代表の内部中学校でした。相手の力強い攻撃に押されゲームのリズムを作ることなく0-2で負けました。2回戦は、愛知県第1代表の豊橋中部中学校です。昨夏の東海大会の2回戦で対戦したチームです。粘り強くなかなか手ごわい相手です。1セット目を何とかしのぎ2セット目は、本校のサーブが効果的に決まり2-0で勝つことができました。3回戦は、岐阜県第4代表の東安中学校です。ここも2-0のストレート勝ちました。


2日目は、上位トーナメントに進みました。準々決勝は、三重県第4代表の久居東中学校です。全国大会にも出場経験のあるバレーの伝統校です。相手エースにキレがあり一進一退の展開になりました。1-1で迎えた3セット目は、本校の緩急を使ったサーブが決まり2-1で勝ちました。準決勝は、三重県第3代表の加茂中学校です。相手のセンターからの速攻が決まりかなり苦しい展開でした。本校も何とかボールに食らいつきこのゲームも2-1で勝利。


決勝の相手は、今大会大本命の岐阜県第1代表の稲羽中学校です。相手のエースは、170㎝のスーパーエース。打球の速さも打点の高さも高校生と同じレベル。1セット目は手も足も出ず完敗。2セット目は、サーブが走り本校が取り。勝負の3セット目は、お互い打ち合い拾い合いの展開が続きました。試合終盤に本校のミスが連続し相手の流れになりました。スコアは21-21。ここから本校の持ち味のブロックとレシーブの「連動」が始まりました。特に光ったのが、本校の140㎝のレシーバーです。170㎝の相手エースがブロックの上から打ち抜いた渾身の一撃を食らいついて上げた時は、会場がどよめき、一気にゲームの流れが変わりました。この流れのまま3セット目を取り初優勝することができました。


今年度は、本県開催ということで2日間通して多くの方が会場に足を運んで下さり、熱心に応援して頂きました。本当にありがとうございました。勝負の夏に向けて基礎の徹底を心掛け「笑顔の全力バレー」に磨きをかけます。


文責 中村智広